このエントリーをはてなブックマークに追加

 

飲み会の翌日、頭がガンガン、歩くのもおぼつかず何も口にできない。
楽しいい雰囲気に飲まれて後先考えずにグイグイのんでると必ずツケが回ってくるんですよね。二日酔いが。
夜まで待てばたいがいは回復してくれる二日酔い。でも「あー治った治った」と安心するなかれ、二日酔いを繰り返しているとガンというもっと恐ろしい”ツケ”が回ってくるかもしれませんよ。
二日酔いがガンとどのような関係があるのか?それはアルコールが肝臓で処理される過程にありました。

 

 

まずアルコールは肝臓でアセトアルデヒドに

胃や腸から吸収されたアルコールはその後肝臓に運ばれ分解処理が始まります。
まずアルコールからアセトアルデヒドという物質に分解され、その後、酢酸へと分解され体に送り出されます。
体を巡った酢酸は脳や筋肉内蔵などの活動で代謝されやがて水と二酸化炭素となって外へ排出されることになります。

 

 

アセトアルデヒドが二日酔いの症状を引き起こしている

二日酔いの頭痛や吐き気、悪寒などを引き起こすのがこのアセトアルデヒドです。本来酢酸へと分解されなければいけないものが肝機能が追いつかず、オーバーワーク状態になっているためアセトアルデヒドが引き起こす悪さに侵されているわけです。

 

 

アセトアルデヒドには発がん性あり

気分が悪くなるだけで済めばいいのですがアセトアルデヒドには発がん性があります。
飲酒する人はしない人に比べ食道ガンや咽頭ガンなどさまざまなガンになりやすい理由もこのアセトアルデヒドにあるとされています。
特に注意が必要なのはお酒をのむと顔が赤くなる人です。顔が赤くなるというのはアセトアルデヒドの分解処理が苦手な人だからです。
アセトアルデヒドの毒に侵されないよう、赤くなる人は十分な注意が必要です。

 

 

日本人の半数はアセトアルデヒド処理能力が弱い

アセトアルデヒドの分解にはアルデヒド脱水素酵素という酵素の働きが必要ですが
生まれつきこの酵素の働きが弱い人が日本人の半数を占めるそうです。
日本人が欧米人にくらべお酒が弱いと言われる理由はここにあったんですね。
残念ながらお酒の強さ決まるアルデヒド脱水素酵素は先天的なものなので鍛えて強くしたり
サプリメントで補給したりすることはできないようです。

 

 

 

二日酔いの理屈をこうしてみると、相当からだに悪いことをしていたことを思い知らされますね。
お酒のせいで将来、ガンなんてことになったら悲しすぎます。二日酔いになるほどは絶対飲まない!飲み会にはこう肝に銘じて参加するのがよさそうですね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加