洗顔法

正しい洗顔のポイント

せっかくいい石鹸を使っていても洗顔方法が間違っていては良い効果は得られません。

 

では、洗顔するときに注意するべきポイントって何なんでしょうか?

 

まず、洗顔を始める前に、毛穴をしっかりと開かせてあげることが大事です。
入浴時はすでに毛穴が開いているので気にすることもありませんが、それ以外のときは蒸しタオルであたためるのが効果的です。
時間のない時はぬるま湯顔全体を温めると同時に湿らせてあげるといいですね。
乾いたお肌にいきなり泡を乗せるのは絶対NG、肌への負担が大きいそうですので注意しましょうね。

 

次に注意したいのが『泡立ち』
この泡立ちがしっかりできていないと「こすりすぎ」になってしまったり、石けん本来の洗浄力が得られなかったりします。
きめの細かいクリーム状の泡を作ることってとっても大事なんです。
なので泡立てネットは必須といえるでしょうね。
タナカミネラルソープは泡立ちのいい石鹸ですので、ネットなしでもそれなりの泡はできますが、泡立ちネットを使ったほうがさらにクリーミーな泡が作れます。

 

次に『洗う順番』
まずはTゾーンから、続いてUゾーン、最後に目元、口元という順番に洗っていくのが良いといわれています。
肌の強い部位から順に洗っていき、最後に一番弱い部分を洗うという理由からこの順序が進められています。

 

最後に『すすぎ』
すすぎは「ぬるま湯」で、これも結構重要です。
冷たい水を使うと毛穴が引き締まって閉じてしまうので石鹸成分や汚れが毛穴の中に閉じ込められてしまいます。
熱すぎるのもNG、肌への負担が大きいだけでなくせっかくの美容成分が流れ落ちてしまうといったデメリットがあります。
「ぬるま湯」で手早くすすぎをしたらタオルでこすらないように注意しながら押さえる感じで優しく拭いてあげましょう。

 

 

以上、おすすめの洗顔方法を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
洗顔法を変えるだけでもお肌の状態に変化が感じられると思います。
美容石鹸の効果を十分に引き出すためにもぜひ、正しい洗顔法をマスターしてくださいね。